空とぶっちゃの日々

hanabuta8.exblog.jp

釜山生活7年目。タイトルを変えました。釜山と日本(仙台)とおいしいものとその他いろいろを書いています。これからもよろしくお願いします。

新学期が始まりました!

3月2日(金曜日)
韓国では新学期がスタートしました。
日本よりひと月早く新学期が始まります。
ついこの前まで高校の制服を着て通っていた生徒が、
ジャケットにジーンズという大学生っぽい格好になったり、
体になじんだ中学生の制服から
まだ体になじまない高校の堅苦しそうな制服を着ていたり
就職の準備や、新学期と共に何か新しいことを始めようと日本語を習いにくる新しい顔も
ちらほらと見えています。

入学式、新学期というとその背景には桜の花が浮びます。
今年はいつもの年に比べて冬が暖かかったこともあって、桜が早い時季に咲くそうですね。
桜前線は今、どのあたりなのでしょう?
桜が満開になるのは桜が咲いた日から毎日の最高気温を足していって、それが125度になるころだそうです。
ここでいう満開というのはすっかり花が開いてしまうことではなく、八分咲きのこと。九分を超えてしまうと、桜は散り始めてしまうんだそうです。
一番きれいなのは完全に咲くことではないんですね。
花も、人も、そうなのかもしれません。
完璧な人が本当にいたら、きっときれいとかすてきと思う前に、何か、ちょっと恐ろしいような感じを受けてしまうかもしれません。
人として完璧な人に会ったことはないけれど、完璧に近い人は近寄りがたいものがあります。
その人にとって一番いいのはその人にとって100%完璧なことではなく、80%くらいなのかもしれない。それくらいのほうが人として魅力があるのでしょう。

この春、わたしにとって80%の完璧さをもった人に出会えるといいなと思います。
ちょっと欲張りかもしれないな。
まず、自分を80%にしないとね。せめて70%くらいには・・・。
[PR]
by makikobuta | 2007-03-04 16:35 | 日々のこと 나날의 일